Patient

信頼できるフロントラインとしての呼吸サポート 

ハイフローネーザルカニューラは、COVID-19患者さんに対して、国際的に推奨されている呼吸ツールです。以下の世界的なヘルスケア協会から推奨されています。 

  • 世界保健機関(WHO) 
  • アメリカ疾病管理予防センター(CDC) 
  • クリティカル・ケア・マネジメント学会(Society for Critical Care Management)
  • 救急医アメリカン・カレッジ(American College of Emergency Physicians) 
  • イタリア呼吸器学病院協会(Associazione Italiana Pneumologi Ospedalieri) 
  • Chinese Thoracic Society
Precision Flow System

迅速な消毒とワークフローの効率化 

  • 高流量の加温加湿されたガスの供給を数分で始められます 
  • ディスポーザブル患者さん回路は、最大30日間使用できます 
  • Precision Flowは、10分以下で本体の消毒可能です 
  • 大きくて見やすいLEDディスプレイによりベッドサイドでのモニタリングが容易です 

Vapotherm社のHigh Velocity Therapyの詳細に関しては下記をご確認ください。 

Nasal Cavity Flush

単なるハイフローネーザルカニューラではありません 

20年以上前、Vapotherm社はハイフローネーザルカニューラを開発しました。今日、Vapotherm社のHigh Velocity Therapyは、ハイフローネーザルカニューラを進化させた装置として、圧迫感のあるマスク着用の必要がなく、臨床的に実証された、NPPVに劣らない換気サポートを行うことができます。 

医療現場では、COVID-19患者さんから高炭酸ガス血症、慢性閉塞性肺疾患(COPD)の患者さんまで、必要とされる酸素化から加温加湿ガスのサポートを一つのデバイスで迅速に対応することができます[1] 

COVID-19患者に対するVapotherm社: High Velocity Therapyの使用例 

サージカルマスクを装着することで、呼吸時に拡散する飛沫量は通常の患者さんと同等になります。患者さんにカニューラを取り付けた後、サージカルマスクを着用の上、装置をご使用してください。 

On-demand Webinar: COVID-19 Patients on High Velocity Nasal Insufflation – Considerations & Transmission Protection 

演者: John Walsh CRT 

  • COVID-19の症状 
  • COVID-19の伝染リスク 
  • COVID-19の管理におけるHVNI 
  • HVNIにおける伝染リスク軽減のための正しい安全対策 

このコースは、呼吸療法学会(AARC)公認であり、臨床実習(CLP) のカテゴリーに認定されています。

当社の営業、クリニカルチームがVapotherm High Velocity Therapyを使用した患者さんの治療向上に貢献します。

COVID-19 Resource Centerにて、定期的に情報を更新しています。 

SOURCES: [1] Doshi, Pratik et al. High-Velocity Nasal Insufflation in the Treatment of Respiratory Failure: A Randomized Clinical Trial. Annals of Emergency Medicine, 2018. Published online ahead of print. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29310868