Patient

マスクなしの呼吸サポート 

従来のマスクを使用した換気サポートを必要とする患者さんの約1/3は、マスクの不快感、治療失敗、治療費の増加、治療のエスカレーションなどのリスクがあります。Vapotherm社のHigh Velocity Therapyは、患者さんの快適さを念頭に置き、従来の換気サポートのアプローチを見直すことに役立ちます。患者さんは、換気と酸素供給のサポートを受けながら、飲食、会話、経口薬の服用が可能です。 

ゴールドスタンダードのNPPVに代わるHigh Velocity Therapy 

Graph
Graph
A bar graph comparing high velocity therapy with NiPPV, titled “Patient Comfort”. The Y-axis lists 0-80 (indicating the number of respondents). The x-axis is labeled with “insufficient, adequate, and excellent”. There are five groups of bar comparisons with the highest bars being in the Excellent category for both high velocity therapy and NiPPV. High velocity therapy lands at around 71 respondents for excellent. NiPPV reaches to about 33.

免責事項: 患者の反応、快適さ、使用の簡単さ、は、Doshi氏の研究報告によるものです。 

呼吸器系疾患の患者さんが気管内挿管を回避できることが実証されています。[1,2,3] 
カニューラのインターフェースは、患者さんにとって快適で、マスク着用に伴うリスクやケアの煩雑さを軽減します。 

Vapotherm社のHigh Velocity Therapyは、臨床的に以下の原因による呼吸困難に適応されます。

  • 喘息 
  • 気管支炎 
  • 肺炎 
  • 慢性閉塞性肺疾患(COPD) 
  • 気管支炎) 
  • 気管支炎 
  • 長期にわたる人工呼吸器 慢性心不全(CHF) 
Nasal Cavity Flush

従来のNPPVとMask-Free NIV 
その違いを実感してください 

肺胞換気量= (1回換気量 — 死腔) x 呼吸数 

上気道の死腔を迅速に洗い出すことで、Vapotherm社: High Velocity Therapyは肺胞換気を促進します。 

換気を行うために、NPPVは上記の方程式の1回換気量に最も大きく影響します。これは、陽圧を用いて目標とする1回換気量を確保することにより換気を行います。過剰加圧のリスクがあるため、医師は一般的に低い圧力から開始し、患者の状態に応じて調整します。 

しかし、方程式のもう1つの項目である死腔に影響を与えることで、肺胞換気を実現することも可能です。 

NPPVとは異なり、High Velocity Therapyはオープンシステムのデ・エスカレーション療法であり、高流量で開始しても安全で、患者さんを素早く安定させることができます。医師は、患者さんの反応に応じて段階的に下げることができます。 

当社の営業、クリニカルチームがVapotherm High Velocity Therapyを使用した患者さんの治療向上に貢献します。

Ventilation

換気サポートを再考する:常に圧力が必要なのか? 

NPPVは、過呼吸の患者さんに対するゴールドスタンダードの治療方法です。しかし、NPPVは挿管よりも望ましいかもしれませんが、必ずしもすべての患者さんが受け入れられる治療方法ではありません。 

デモのご依頼はこちらから 

Mask-Freeの準備はできましたか?当社のセールス&クリニカルチームは、私たちのテクノロジーを患者さんのケアに取り入れるお手伝いをいたします。 

Sources:

SOURCES: [1] Doshi, Pratik et al. High-Velocity Nasal Insufflation in the Treatment of Respiratory Failure: A Randomized Clinical Trial. Annals of Emergency Medicine, 2018. Published online ahead of print. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29310868. [2] Haywood, Steven T, Jessica S. Whittle, Leonithas I. Volakis, George Dungan II, Michael Bublewicz, Joseph Kearney, Terrell Ashe, Thomas L. Miller, Pratik Doshi. “HVNI vs NIPPV in the treatment of acute decompensated heart failure: Subgroup analysis of a multi-center trial in the ED.” The American Journal of Emergency Medicine, 2019. https://doi.org/10.1016/j.ajem.2019.03.002. [3] Doshi P, Whittle JS, Dungan G et al, The ventilatory effect of high velocity nasal insufflation compared to noninvasive positive-pressure ventilation in the treatment of hypercapnic respiratory failure: A subgroup analysisLung. 2020 Apr 6. https://doi.org/10.1016/j.hrtlng.2020.03.008]